Windows 7 SP1をクリーンインストールから最短、最速で最新状態へ

2016年 12月17日暫定 最短手順

0) Windows Update設定の変更で「更新プログラムを確認しない(推奨されません)」に設定

コントロールパネル システムとセキュリティ自動更新の有効化または無効化 重要な更新プログラム(Ⅰ) 更新プログラムを確認しない(推奨されません)に変更 OK押して設定完了

前もって下記のリンク先の更新プログラムを外付けHDDまたはDVDまたはUSBに保存しておく。


1) Windows 7 SP1をクリーンインストール (※ネット接続を切った状態)


2) KB3177467(ロールアップの前提条件)を手動で適用

KB3177467 Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の更新プログラムのサービスを提供する 2016年 9 月

・Windows7用更新プログラム(KB3177467) 32ビット版 
・Windows7用更新プログラム(KB3177467)64ビット版


3) KB3125574を手動で適用(ロールアップ)

KB3125574 Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 の SP1 の更新プログラム (2011年2月~2016年4月までのパッチ)

Windows updateカタログから下記の更新プログラムをダウンロード

・Windows7用更新プログラム(KB3125574)32ビット版
・Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3125574)64ビット版


4) 再起動


5) KB3172605を手動で適用(ロールアップ)

Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 の SP1 の更新プログラムのロールアップ(2016年4月~2016年7月21日までのパッチ) 2016年 7 月

・Windows 7 用更新プログラム (KB3172605)32ビット版
・Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3172605)64ビット版

※ここでWindows Updateエージェントのバージョン7.6.7601.23453に変更される 


6) 再起動


7) KB3197868   Windows 7 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ   2016年11月9日配信 

・Windows 7 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ(KB3197868)32ビット版
・Windows 7 for x64 ベース向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ  (KB3197868)64ビット版

下記の2つもインストールする。

Internet Explorer 11 for Windows 7(32ビット)

Internet Explorer 11 for Windows 7(64ビット)

※PCのドライバーをインストールする

8) 再起動


9) ネットワーク(ネット)に接続する(1~8の手順でネット接続は不要)


10) Windows Updateの「更新プログラムの確認」を実行

コントロールパネル システムとセキュリティ 更新プログラムの確認


3分程度で Windows Updateの更新プログラムの確認が終了する。

※上記の手順で私の環境では重要な更新プログラムが35個 オプションの更新プログラムが31個でした。

両方の更新プログラムのインストールに約20分位掛かりました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440920203
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック